エイジングケアの為にボトックス注射を受けよう【顔のシワを軽減】

整形に使われるボトックス

注射

ボツリヌス菌を整形で活用させる

ボツリヌス菌から抽出されるたんぱく質の一種であるボトックスは、シワを減らしたり小顔効果をもたらすものとして整形に用いられます。メカニズムとしては同じ作用を利用したもので、アセチルコリンという神経物質を阻害することで筋肉の麻痺を引き起こし、縮小させたり運動を抑えたりします。主にボトックスが用いられる顔のエラあたりは、人によっては大きく発達しているものです。そこに存在する筋肉にボトックスを注射することで徐々に衰えさせてその部分を薄く小さくし、小顔を目指します。また顔のシワは表情筋の過剰な運動で肌に凹凸ができてしまうことが原因の一つで、おでこや目尻あたりに多く発生するものです。それらを無理に作り出す筋肉の働きを緩めることでシワの改善を見込みます。これらの効果は顔だけでなくふくらはぎなどの筋肉に対しても有効であるため、足を細くする整形にも用いられることがあります。ボトックス注射のメリットとしては、他の整形のように大掛かりな手術をおこなうことなく、注射によって成分を注入することで完了する手軽さが挙げられます。その効果は一般的に一週間以内には感じられるもので、早さという点も強みです。そしてボトックスはやがて身体の中で消化されるものなので、一定の期間で回復するという特徴を持っています。永続的に続くものではないため、維持するためには瀬術を定期的に受けなければなりませんが、ボトックスの環境に身体が順応し始めれば回復の振れ幅が小さくなることもあります。ボトックス注射は正しく効果が発揮されるとさまさまなメリットの恩恵を受けることができますが、注入する場所次第では逆効果になってしまいます。顔の筋肉が持つ作用に関する知識はもちろんのこと、個人によって異なる筋肉の付き方を的確に見抜く能力が必要です。したがって技量に非常に左右されやすい施術方法であるため、経験と実績を持った医師に頼むことが成功への道です。別の方向では毒性を持つボツリヌス菌は、画期的な転換方法によって医療現場における様々な治療に用いられてきました。その特性を整形の舞台で活用したものがボトックス注射です。